借金を背負わされる

その会社自体は施主から代金を頂いている訳で、業者には商品を納入させ、自分達は支払をせずにトンずら…ということを社員にも知らせずやってしまうのですから信じられません。私が勤めていた会社の社長がよく『売掛回収を徹底しなければ会社は簡単につぶれる』と言っていましたが、まさに彼の会社がその現実をつきつけられたので、私も社員という立場でありながら、経営者の感覚を持って売掛回収のチェック等に尽力をしました。その結果、私の待遇は上がり、ほんの少しではありますが、彼の会社の借金返済にも協力することができました。また、借金をすると実際に借りたお金の問題だけでなく、精神面や健康面で色々と影響が出てきます。私の彼の場合も、精神的な負担や生活リズムの乱れから、肝臓や腎臓の機能低下に陥り、その治療代だけでなく、身体的ストレスも相当なものでした(借金が返せない)。それらを二人三脚で乗り越えてきたことが、結果としては二人の固い絆になっているのも事実ですが、やはりその心労は並大抵ではありません。その経験があってから、自分の意志で借金をするだけでなく、契約や取引においても借金を背負わされるリスクがあるということを肝に命じておくようにしています。

高校生可のバイト探し方法

高校生のとき、自転車に乗ってアルバイトを探しまわりました。
いまでこそ、ネットで探すというのが当たり前のようになっていますが、当時はアルバイト求人誌で探すか、貼り紙を見て探すかがふつうでした。
地図を見て、「ここまでの距離なら通えそうだ」という範囲を検討し、「今日はこの地域をまわろう」と決めて探しました。
10日間くらいまわったら、いくつかいい求人が見つかりました。
自転車でいける範囲なので通勤も楽。
でも、貼り紙の場合、くわしい雇用条件がわかりません。
その点、求人情報サイトならくわしい雇用条件がわかるので、いいですよね。
高校生可 バイト探し
おすすめの求人サイトは、求人件数の多いサイトです。求人件数が少ないと、なかなかいいアルバイトが見つかりません。
また、求人サイトには求人だけでなく、さまざまな情報が掲載されています。役立つ情報が多いですよ。たとえば、「履歴書の書き方」や「面接の注意点」などの特集ページ。
これからアルバイトをはじめる方は参考にしてみては。

アルバイトを探せない

最後にやったアルバイトでは、自分がやりたい仕事ではなく、自分の生活スタイルを維持するために、融通がきき、今までやった事がない、イメージがわかないアルバイトで面接をし、仕事をさせて貰いました。このアルバイトでは、何もかもが始めてで、全てが勉強の日々で、最初は辛い事もありましたが、1ヶ月、2ヶ月経つにつれて楽しくなっていったのをおぼえています。最終的には3年という大学を卒業する寸前までアルバイトを続ける事ができました。
やりたい事、イメージなどが邪魔して、なかなか思うようなアルバイトを探せないで居たのですが、仕事への先行したイメージは仕事の邪魔にしかならない事がわかりました。
アルバイトはある意味、チャレンジ精神も大切なんだと分かりました。仕事をする以上、責任をもって仕事をしなければ行けませんが、様々な職にチャレンジする良い機会でもあるように思います。その機会をもっと有効活用できればよかったと思っています。
バイト探しサイト

塾講師アルバイト時給

大学生になり、アルバイトでもするか、と思い立ったとき、時給の高い順で選ぶと、すぐに候補に挙がるのが「塾講師」ではないでしょうか。
情報誌やネット検索すると、大抵の場合、時給2000円以上を謳っています。
しかし、この業界、実際、①たくさん働きたい(数をこなしたい)と思っても、希望通り働けないことが多い、ことと、②業務外でする仕事がとても多くなり、結果、実質的な時給は、他の業種よりもはるかに安くなってしまうことがあるので要注意です。
まず、①について。塾はお客さん商売です。生徒が集まらなければ授業は開講されませんし、講座数も、開講される曜日も大体決まっています。週5でバリバリ働こう!と考えてアルバイトを始めたものの、場合によっては、週2~週3で、しかも1日1授業だけ、ということも、十分あり得ます。特に大手塾だと、面接時には、どこの校舎に配属されるか分からず、どれだけ働けるのか、すぐには見通しが立たないことが多いのが少々厄介です。また、「時給2000円以上」を謳っていながらも、それは集団授業の場合で、個別授業は、別料金(大抵1200円程度)だったりするので、こういう点は、面接時にしっかり確認しましょう。
高校生バイト

色々と出来なくなった自分

最近テレビでドラゴンボールが始まりました。私が見ていたのと同じです。私も好きで毎週見ていましたが下の子が面白そうに見ています。私も懐かしくて見てしまいます。やっぱり面白いです。昔の事を思い出します。自分が子供の頃を思い出して自分もこんなんだったかなと思います。懐かしいです。そして自分が年をとってしまったと思います。少し年を感じ始めてきたので何だか悲しいです。やっぱり年には勝てません。昔は色々と簡単に出来ていたことが出来なくなったのがやっぱり悲しいです。努力しているのですがやっぱり出来ないのです。少しは努力で出来るようになるのですが、やっぱり昔のようにはできません。悲しいな。一番ショックだったのは、小学生の時にめちゃくちゃ練習した一輪車。スイスイと乗れていたのに今では、少しは乗れるけど昔のように上手には乗れません。子供の方が上手に乗れます。手本を見せてと言われ乗ったのですがダメでした。恥ずかしかったです。でも、子供が学校にいっている間に少し練習をして昔の様には出来なかったのですがまあまあかなのところまで出来ました。家の庭で練習するのも恥ずかしかったです。段々自分が出来ていたことが出来なくなるのがやっぱり悲しいです。

お好み焼きで懐かしい気分に

最近大学時代の友人と久々に集まる機会がありました。 当時の話をしてたらこれがまた懐かしくて懐かしくて、ノスタルジーな気分になっちゃいます。 そんな訳で、貧乏学生だったので当時よく食べていた、お好み焼きが食べたくなりました。 材料費が安い割にお腹が膨れるので、頻繁に食べてたんですけどね。 その頃によく食べてた反動か、最近はあまり食べてなくって。 お好み焼きといえば豚玉、と言う風潮がありますが、個人的に鶏肉を使った鶏玉の方が、よく食べてたと思います。鶏肉はすごく安く売ってたので。 ただ、鶏肉は火が通りにくいんで、薄く切ったり、予めある程度加熱してから粗熱を取り、タネに混ぜるとか、手間がかかるのがちょっと面倒なところ。 そういえば小学生の頃は、冷凍のシーフードミックスを使ったお好み焼きが好きだったなあと、更に懐かしい気分に。 港町では魚介類がおどろくほど安い、って聞きますけど、じゃあそういう街の貧乏大学生は、海鮮お好み焼きをよく食べたりするんですかね。 それはちょっと羨ましい気がします。